admin_ku のすべての投稿

医局説明会の案内

2017.11.20 |

医局説明会のご案内

主に学部5・6年生、研修医、若手医師を対象に当科(循環器内科・内分泌代謝内科・リウマチ膠原病内科・消化器内科)の医局説明会を行う予定です。少しでも興味のある方はぜひご参加ください。皆さまのご参加をお待ちしております。
 
日時:平成30年1月5日(金) 午後6時~ 約30分を予定
場所:金沢大学附属病院 外来診療棟4階 宝ホール
 
当日参加もOKですが、参加いただける方は事前にメール頂けますと幸いです。
説明会の後に懇親会を予定しています。医局員の生の声を聞けるチャンスですので是非ご参加ください。

(医局長)藤井 博 電話 076-265-2253 fujii.h@staff.kanazawa-u.ac.jp

 

【原著論文】Tada H, et al. J Clin Lipidol. 2016 (循環器グループ:多田隼人助教)

2017.11.16 | Publications | 臨床 |

Prevalence, clinical features, and prognosis of patients with extremely low high-density lipoprotein cholesterol

Tada H, Kawashiri MA, Konno T, Nohara A, Inazu A, Mabuchi H, Yamagishi M, Hayashi K.

J Clin Lipidol. 2016 Nov – Dec;10(6):1311-1317.
Impact Factor (2016): 5.812

 

Abstract

BACKGROUND:

Little data exist on the clinical features of patients with an extremely low level of high-density lipoprotein (HDL) cholesterol (<20 mg/dL).

OBJECTIVE:

To assess the clinical characteristics of Japanese patients with extremely low HDL cholesterol levels.

METHODS:

In this observational study of 429 patients with extremely low HDL cholesterol levels among 43,368 subjects whose HDL cholesterol was measured for any reason at Kanazawa University Hospital from April 2004 to March 2014, we investigated the presence of coronary artery disease, chronic kidney disease, the potential causes of reduced HDL cholesterol, their prognosis, and the cause of death.

RESULTS:

Most patients (n = 425, 99%) exhibited secondary causes, including malignancies (n = 157, 37%), inflammatory diseases (n = 219, 51%), or other critical situations, such as major bleeding (n = 58, 14%). During the median 175-day follow-up period, 106 patients died. The causes of death in 80 (75%) patients were malignancies, inflammatory diseases, or major bleeding, in contrast to a relatively low incidence of death from atherosclerotic cardiovascular disease (n = 10, 10%). Multiple regression analysis showed that the presence of malignancy and HDL cholesterol was independently associated with death, in addition to age. The cumulative survival curve revealed that patients with an HDL cholesterol of <15 mg/dl, determined using the receiver-operating characteristic curve, had significantly higher mortality than those whose HDL cholesterol level was ≥15 mg/dL.

CONCLUSIONS:

Extremely low HDL cholesterol levels could be a useful marker for poor prognosis, not necessarily related to cardiovascular diseases.

【総説】The genetics of atrial fibrillation(循環器グループ:林研至助教)

2017.11.10 | Publications | 臨床 |

The genetics of atrial fibrillation

Hayashi K, Tada H, Yamagishi M.

Curr Opin Cardiol. 2017 Jan;32(1):10-16. 
Impact Factor (2017): 2.08

 

心房細動は特に高齢者に多く認められる不整脈ですが、若年者や家族内に認められることがあり、そのような症例では単独で心房細動を引き起こしうる遺伝子変異が見つかることがあります。一方、影響力はそれほど強くないものの心房細動発症に関わっている遺伝子多型がいくつか報告されています。これら複数の遺伝子多型を組み合わせることにより、心房細動や脳梗塞の発症をある程度予測することが可能となっています。

 

Abstract

PURPOSE OF REVIEW:

To describe recent findings regarding the role of rare and common genetic variants in atrial fibrillation.

RECENT FINDINGS:

Atrial fibrillation is associated with several clinical risk factors and

its development is affected by genetic background. To date, rare variants from more than 30 genes have been identified from studies of familial cases or individuals with lone atrial fibrillation. In addition to using the candidate gene approach for the identification of rare variants, next-generation sequencing approaches such as genomic, whole exome and targeted sequencing have been employed. Furthermore, evidence of association between common variants and atrial fibrillation has been discovered through genome-wide association studies. Although the power of any one single-nucleotide polymorphism (SNP) associated with atrial fibrillation is weak, a genetic risk score comprising 12 SNPs may identify individuals at an increased risk for atrial fibrillation. This SNP panel may also delineate genotypes to enable stratification of atrial fibrillation ablation therapy or periinterventional management.

SUMMARY:

Although studies have demonstrated that atrial fibrillation is highly heritable, many aspects of atrial fibrillation remain unknown. Rigorous research efforts continue with the expectation that the contribution of variants and candidate genes that contribute to the overall genetic architecture of atrial fibrillation will be identified and characterized in the coming years.

第29回日本リウマチ学会中部支部学術集会 中部リウマチ学会

2017.11.06 | 国内学会 |

第29回日本リウマチ学会中部支部学術集会 中部リウマチ学会が2017年9月8日から9日にかけて金沢の金沢市文化ホールで開催されました。

 9月8日から9日にかけて、私たち金沢大学循環器病態内科学 リウマチ・膠原病内科研究室の主催で第29回中部リウマチ学会が開催されました。
 前日まであいにくの悪天候でしたが、8日午後の学会開催の頃からは見事な晴天に恵まれ、400名を超えるたくさんの先生、研修医、学生、メディカルスタッフの方々にご参加いただくことができました。学会では、4つの特別講演、3つのシンポジウム、3つのランチョンセミナーを企画し、地元北陸の免疫・腎臓病・リウマチの第一人者の先生方や、東京、名古屋、福岡など全国からリウマチ・膠原病分野のオピニオンリーダーの先生方にご講演いただき、大変好評をいただきました。一般演題も興味深い131演題が集まり、各会場で活発な議論が行われました。
 当研究室の覚知先生が中心となって企画した8日夜の学会懇親会は、引き続きの晴天の下、金沢城公園の五十間長屋で行われました。ご参加いただいた方々には、北陸の誇る美酒や、炎太鼓、闇笛といった趣向を凝らしたパフォーマンスに大変満足していただけたものと思います。
 このような主催側としての参加に加え、当研究室の若手の先生、また関連病院の先生方には数多くの発表もしていただきました。特に、3名の初期研修医の先生方にも症例発表をしていただき、その堂々とした発表ぶりには大変驚かされました。
 個人的には、学会運営に携わる初めての経験で、大変でなかったと言えば嘘になりますが、学会というものの内情を知る貴重な機会になりました。盛会のうちに終えることができたのも、ひとえに皆様のご協力のおかげと深く感謝申し上げます。

リウマチ膠原病研究室
水島伊知郎

 

トシリズマブの点滴製剤から皮下注製剤への切り替えを施行した維持血液透析中の関節リウマチの一例
覚知 泰志,井上 亮,藤澤 雄平

ステロイド自己中断後に心不全と心腔内血栓を認めた好酸球性肉芽腫性多発血管炎(EGPA)の一例
松永 貴弘,藤井 博,鈴木 信博,吉田 美咲,蔵島 乾,原 怜史,伊藤 清亮,水島 伊知郎,山田 和徳,川野 充弘

ミノサイクリン(MINO)の長期投与との関連が疑われた皮膚型結節性多発動脈炎(CPN)と類似した血管炎の1例
川原 寛之,中島 昭勝,竹治 明梨,鈴木 康倫,川野 充弘

診断に苦慮した結節性多発動脈炎の一例
柘植 俊介,水島 伊知郎,鈴木 信博,藤澤 雄平,原 怜史,鈴木 華恵,伊藤 清亮,藤井 博,山田 和徳,川野 充弘

リウマチ性多発筋痛症様の症状を伴ったIgG4関連疾患の1例
吉田 美咲,伊藤 清亮,鈴木 信博,松永 貴弘,蔵島 乾,原 怜史,水島 伊知郎,藤井 博,山田 和徳,川野 充弘

低カリウム血症性ミオパチーを契機に診断したシェーグレン症候群合併I型尿細管性アシドローシスの1例
堀田 成人,高橋 芳徳,岩井中 陽一,平田 昌義

発熱を伴う虹彩炎を契機に診断した高齢男性シェーグレン症候群の1例
眞田 創,鈴木 康倫,西岡 亮,竹治 明梨,中島 昭勝,川野 充弘

TAFRO症候群と診断しステロイド加療を行った1例
額 裕海,鈴木 一如,大鐘 邦裕,荒木 英雄

治療に難渋した再発性多発軟骨炎の一例
藤澤 雄平,藤井 博,鈴木 信博,柘植 俊介,鈴木 華恵,伊藤 清亮,水島 伊知郎,井上 亮,山田 和徳,川野 充弘

生物学的製剤で治療中に電撃性紫斑病を発症した関節リウマチの一例
井上 亮,覚知 泰志,藤澤 雄平

高齢発症で著明な炎症反応上昇を呈した体軸性脊椎関節炎の一例
谷 悠紀子,竹田 正廣,原 怜史,水島 伊知郎,藤井 博,山田 和徳,川野 充弘

治療経過で痛風結節が消退した難治性痛風関節炎の一例
西岡 亮,中島 昭勝,川野 充弘

ステロイド漸減中止18年後に再燃しループス腎炎を発症した全身性エリテマトーデス(SLE)の一例
清水 瑛子,鈴木 信博,水島 伊知郎,吉田 美咲,蔵島 乾,松永 貴弘,原 怜史,伊藤 清亮,藤井 博,山田 和徳,川野 充弘

免疫グロブリン大量静注療法が有効であった抗SRP抗体陽性ミオパチーの一例
大鐘 邦裕,鈴木 一如,額 裕海,荒木 英雄

 

【総説】Tada H, et al. J Hum Genet. 2017(循環器グループ:多田隼人助教)

2017.11.02 | Publications | 研究 |

Comprehensive genotyping in dyslipidemia: mendelian dyslipidemias caused by rare variants and Mendelian randomization studies using common variants

Tada H, Kawashiri MA, Yamagishi M.

J Hum Genet. 2017 Apr;62(4):453-458. Review.
Impact Factor (2016): 2.41

 

Dyslipidemias, especially hyper-low-density lipoprotein cholesterolemia and hypertriglyceridemia, are important causal risk factors for coronary artery disease. Comprehensive genotyping using the ‘next-generation sequencing’ technique has facilitated the investigation of Mendelian dyslipidemias, in addition to Mendelian randomization studies using common genetic variants associated with plasma lipids and coronary artery disease. The beneficial effects of low-density lipoprotein cholesterol-lowering therapies on coronary artery disease have been verified by many randomized controlled trials over the years, and subsequent genetic studies have supported these findings. More recently, Mendelian randomization studies have preceded randomized controlled trials. When the on-target/off-target effects of rare variants and common variants exhibit the same direction, novel drugs targeting molecules identified by investigations of rare Mendelian lipid disorders could be promising. Such a strategy could aid in the search for drug discovery seeds other than those for dyslipidemias.