admin_ku のすべての投稿

第31回 北陸PTCA研究会

2017.09.23 | 学会・研究会 |

去る2017年7月29日に金沢東急ホテルにて伝統ある北陸PTCA研究会が開催されました。

特別講演
名古屋大学大学院 循環器内科学 講師
石井秀樹先生
「PCIを行った虚血性心疾患患者に残された課題」

 

当教室からも冠動脈ステントの分野で先進的な研究を推進する森雅之先生が演題を発表しました。

金沢大学附属病院 循環器内科 救急部特任助教
森雅之先生
「短期間に繰り返すステント内再狭窄および新規病変に金属アレルギーの関与が疑われた一例」

 

 

森雅之先生、論文も本年2つ採択されています。のっています。文文一本ですね。

>冠動脈ステントの話題

 

【原著論文】身体所見と遺伝子検査は高コレステロール血症患者における冠動脈疾患発症のリスク層別化に有用である(循環器グループ:多田隼人助教)

2017.09.20 | Publications |

Impact of clinical signs and genetic diagnosis of familial hypercholesterolaemia on the prevalence of coronary artery disease in patients with severe hypercholesterolaemia

Tada H, Kawashiri MA, Nohara A, Inazu A, Mabuchi H, Yamagishi M.

Eur Heart J. 2017 May 21;38(20):1573-1579.
Impact Factor (2016): 19.651

 

日常診療において多く遭遇する高コレステロール血症を呈する患者群から、家族性高コレステロール血症を正しく診断することは、冠動脈疾患の予防管理において重要なことであると臨床的には実感されてきました。

>FH(家族性高コレステロール血症)を再考する

本論文ではこの臨床的な感覚を多数例の高コレステロール血症患者の臨床像、遺伝的背景を解析することで科学的に証明した意義深い論文です。

 

多田助教は本論文にて第81回 日本循環器学会学術集会YIA(臨床部門)最優秀賞を受賞する快挙を成し遂げています。

>第81回 日循金沢 速報②(YIA, ECP)

 

多田助教はHarvard大学(Masatuesettu General Hospital)留学中の仕事でもEuropean Heart Journalに論文が採択されています。

>【原著論文】冠動脈疾患のリスク予測においてGenetic Risk Scoreは家族歴を凌駕する

 

Abstract
Aims

The impact of positive clinical signs (xanthoma and/or family history) and positive familial hypercholesterolaemia (FH) mutation status on risk of coronary artery disease (CAD) over and above that predicted by low-density lipoprotein (LDL) cholesterol level alone has not been fully determined. We assessed whether positive clinical signs and genetic FH diagnosis affected CAD risk among subjects with significantly elevated LDL cholesterol levels (≥180 mg/dL, or ≥140 mg/dL in subjects <15 years of age).

Methods and results

Three genes causative for FH (LDLRAPOB, and PCSK9) were sequenced in 636 patients with severe hypercholesterolaemia (mean age, 45 years; 300 males [47%], CAD diagnosis, 185 [29%]), and the presence of clinical FH signs (xanthoma and/or family history) were assessed. CAD prevalence was compared between four subject groups categorized based on these parameters.

Compared with the reference group without FH mutations or clinical signs of FH, subjects with clinical signs of FH or FH mutations had three- to four-fold higher odds of developing CAD (odds ratio [OR], 4.6; 95% confidence interval [CI], 1.5–14.5; P = 0.0011 and OR, 3.4; 95% CI, 1.0–10.9; P = 0.0047, respectively), whereas those with clinical signs of FH and FH mutation(s) had >11-fold higher odds of developing CAD (OR, 11.6; 95% CI, 4.4–30.2; P = 1.1 × 10−5) after adjusting for known risk factors including LDL cholesterol.

Conclusion

Our findings revealed an additive effect of positive clinical signs of FH and positive FH mutation status to CAD risk among patients with significantly elevated LDL cholesterol.

ESC 2017 (Barcelona, Spain)

2017.09.19 | 海外学会 |

ESC Congress 2017がスペインのバルセロナで開催され、

当教室から多数の演題発表がありました。

 

8月26日から30日にかけてバルセロナ(スペイン)で、European Society of Cardiology (ESC) 2017が開 催されました。学会開催の一週間前には、市内目抜き通りのランブラス通りでテロが発生し、学会参加も危険視されました。金沢大学循環器内科のメンバーは、万全の安全対策を行いつつも、世界最高峰の循環器学会の一つで発表することを誇りに、無事出席して参りました。

空港のセキュリティ等も普段通りで特別厳しいものではなく、また市民も敢えていつもと変わらぬ平穏な生活を送ろうとしているように感じました。テロの影響もあり、学会出席者は若干少なかった印象もありますが、それでも多くの研究者が最新の知識と技術を習得すべく参加していました。山岸教授の一般演題座長をはじめ、多くの先生方が演題発表を行いました。

 


田中仁啓医員(JCHO金沢病院)

“Sex-related differences in patients with type A acute aortic dissection”

 

 


余川順一郎助教(集中治療部)

“The hyperacute vessel response after biodegradable-polymer sirolimus-eluting stent implantation in swine model “

 


中橋卓也医員(金沢循環器病院)

“Impact of extra-cardiac diseased location on long-term prognosis in patients with acute coronary syndrome who underwent percutaneous coronary intervention “

 


多田隼人助教(救急部)

“Associations between questionnaires relating to lifestyle habits and atherosclerotic cardiovascular disease in Japanese specific health checkups “

“Assessments of carotid plaque burden in patients with familial hypercholesterolemia”

“Comprehensive genotyping and phenotyping in patients with severe hypercholesterolemia “


舟田晃講師(救急部)

“Prehospital cardiopulmonary resuscitation duration and favourable neurological outcome after out-of-hospital cardiac arrest in patients without prehospital return of spontaneous circulation “

 


坂田憲治講師

“Impact of baseline high-sensitive C-reactive protein on the regression of coronary atherosclerosis in patients treated with combined lipid and blood pressure-lowering therapy: Insight from MILLION study”

 


野原淳助教(保健管理センター)

“Elevated apolipoprotein C3 correlate with malignant HDL-lipid composition associated with coronary artery disease, but higer apoC3/C2 ratio correlate better lipid profiles”

 


川尻剛照准教授

“Impact of evolocumab, a PCSK9 inhibitor, withdrawing from regular ldl-apheresis therapy in patients with heterozygous familial hypercholesterolemia”

 


 

 
 
 
  
バルセロナと言えば、サグラダファミリアに代表されるアントニー・ガウディの建築物が有名です。学会の合間に観光するのも、海外で発表する楽しみの一つです。
 

ベトナムからの留学生―2017年 夏―

2017.09.17 | 教育 |

昨年に引き続き、ベトナムからの短期留学生が教室で学びました(2017年7月13日~7月28日)。

Bui Tran Thanh Son君(Hanoi Medical University)、Tran Minh Phuongさん(Hai Phong Medical University)の2人です。

 

Phuongさんの手記をご紹介します。

2 weeks in Cardiology department is not a long time but the memories we have in here is unforgettable. Thank you so much for taking such good care of us and letting us feel so familial and comfortable. Although I will still see you more 2 weeks but the fact that we cannot spend as much time as before makes me feel so upset. I hope that we can have more chances to meet and talk before I go back to Vietnam and hopefully even after that. You are always in my mind.

 

昨年までの留学生たちの様子

ベトナムからの留学生―2016年 夏―

ベトナムからの短期医学留学生が教室を訪れました(2015年8月)

 

心臓突然死の話題

2017.09.14 | 臨床 |

2017年6月14日の朝日新聞朝刊に「心臓突然死」の話題が大きく取り上げられました。

 

先の第81回日本循環器学会学術集会でもこの問題を議論したところです。若い人に起こることが多いことが、社会問題となり、今日のAEDの普及につながっています。本記事では日本医科大学教授の清水渉先生に続いて、私たちの教室で永らく「心筋症」の研究を行っています、藤野陽先生もコメントを寄せています。